1. >
  2. ハウスクリーニングに抵抗感をもつ主婦。

ハウスクリーニングに抵抗感をもつ主婦。

ハウスクリーニング業者に依頼して訪問して掃除をしてもらえるのはとても楽でありがたいのですが、知らない他人が自宅内に入って来て、生活空間である部屋などあれこれ見ながら作業をしてもらう事にはとても抵抗があります。仕事と育児を両立し家事に手が回らないとか仕事中心の生活で休む暇もないというような状況となれば考えるかもしれませんが、専業主婦となればお金を払ってまで業者に頼んでハウスクリーニングをしてもらおうという気にはなりません。

プロの仕事は違います!

普段できないところをきれいにしたいただこうと思い、年末にトイレ・お風呂の水回りの掃除を依頼しました。掃除くらい自分でしてるし、きれいにできていると思っていました。ところが、ハウスクリーニングを依頼して初めて見えないところにもたくさん汚れがたまっていることを思い知られされました。簡単に落ちる汚れではなかったので、プロの方にきれいにしていただいて、とても気持ちよく、新年を迎えることができました。ハウスクリーニングを依頼したことで普段の掃除の仕方にも気をつけることができるようにもなりました。やっぱりプロの仕事は違うんですね。

賃貸マンションのハウスクリーニング

ハウスクリーニングと聞くと、賃貸マンションの退去時に依頼するものというイメージがあります。2万円から5万円程度で部屋をでるときにきれいにするもの、または入居時に部屋をきれいにしてから入るものといった認識です。不動産会社では契約時にハウスクリーニング代を別途請求させるケースも多く、わたし個人としては敷金、礼金などのほかにもあれこれと出費が多いなぁと感じました。ただし、入居したときは部屋はとてもきれいで、前の人の形跡を感じることなく快適でした。

楽はしたいけど、ズボラとは知られたくない。

自分の家でも放置し過ぎて触りたくない部分の掃除や、片づけが面倒になっている部分を綺麗にしてほしいなという気持ちはあります。

ただ、やはり他人を家に入れるという怖さもありますし、自分が汚くしているところを見られるのには抵抗があるので頼むとしたら貴重品をきちんと管理したうえで、自分の顔を見られる事なくやって欲しいなと思います。良くを言えば人ではなく、いずれ専用のロボットがやってくれれば恥ずかしくもなく、貴重品の心配もなくなるのになと思いました。